アクセサリー向きの金といえば18金!

みなさんは金のアクセサリーを持っていますか?金にはたくさんの種類がありますが、そのなかでもいちばんアクセサリーに向いている金が18金ということをご存知でしょうか。なぜ、金のなかで18金がアクセサリーに向いているのか、ここでは18金について詳しく迫りたいと思います。

そもそも18金とは?

よく「○金」と書かれているのを見かけますがそもそも○金とは何なのか、それは金の純度を表す言葉になります。宝飾の世界では、金100%を24分率で表します。24金と書かれている場合は純度100%ということになります。
18金とは、18/24なので75%の純度の金ということを表しているのです。では、残りの25%は何が含まれているのかというと、銀や銅などの他の金属が含まれています。

18金の素晴らしさは?

単純に24金の方が良いと思ってしまうのですが、なぜ18金も素晴らしいのでしょうか。金は柔らかいため熱に弱くて型崩れしやすく傷がつきやすいという弱点がありますが、他の金属ととても混ざりやすいという特性もあります。合金にすることで強度を補うことができ、色を付けることもできるのです。金として24金はとても素晴らしいのですが、他金属を含んで強度が増し、カラーゴールドもある18金も素晴らしいのです。

14金や10金などもありますが、金の純度が低くなりすぎると変色やアレルギーなども考えられるため、用途にもよりますが18金がちょうど良いのです。

3種類のカラーゴールド

18金は純金と他金属でできていますが、どの金属を混ぜ合わせるかによって色も変わります。代表的なカラーゴールドは、ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドです。

イエローゴールドは、金75%とシルバー15%と銅10%の割合が多いです。金本来の色味が特徴で、変色もしにくいです。

ホワイトゴールドは、金75%とシルバー15%とパラジウム10%の割合が多いです。白銀色でプラチナに似た色が特徴です。

ピンクゴールドは、金75%と銅25%の割合が多いです。ピンクがかった色味は日本人の肌に合うと人気の色でもあります。

アクセサリーに向いているといわれる理由

ここまで18金についてご紹介してきましたが、これらが18金に向く理由そのものです。
金は柔らかく型崩れしやすいため純度100%の24金は身につけるのに向かないのですが、18金は他金属が混ざり強度が増すので身につけやすいのです。そして、純度が低くなることで傷がつきやすくなる10金などよりも18金の方が傷もつきにくく、アレルギーにもなりにくいため身につけやすいです。
また、他金属を混ぜ合わせることでカラーバリエーションも増えるため、18金がいちばんアクセサリーに向いているのです。

まとめ

用途によりそれぞれの純度の良さがありますが、アクセサリーには18金がいちばんということが分かりますね。

-知っておきたい情報コラム

関連記事

金がサビにくいのは本当!?

宝石自体のグレードを判断しているのはこれだった!

チェーンの種類って一体何があるの?

プラチナとホワイトゴールド、全くの別物だった!?

高額査定のために

高額査定のために 1、近年の状況 ここ最近、金やプラチナは継続的な価格上昇の傾向が続いています。そのため、金やプラチナの買い取り専門店が増加しています。 競合化に伴い、業者によって買取価格に差が出てき …